wanomono

和のエッセンスを加えた豊かな暮らし

Flower Installation


秋気が心地よくなってきましたね。
コスモスまつりや薔薇フェスティバルなど秋の花イベントがありますが、
今回は花に見立てたインスタレーションや壮大な花のアート作品をご紹介!

 
 

melissa shoe shop

FI_05

ブラジルのラバーシューズブランド”melissa”のニューヨーク凱旋店でのインスタレーション!

FI_06
FI_03
アメリカのデザインスタジオSOFTTlabによるもので、フレキシブルに動くメッシュ状の面に半透明のポリエステルの花を一枚一枚貼り付けているんです。
とても気の遠くなる作業です(笑)

FI_04

出典:http://www.dezeen.com/

 
 

poppies (from series battlefield series)

Fi_24
フランス人アーティストJannick Deslauriers氏によるテキスタイルを使ったインスタレーション。

FI_23
出典:http://toildrop.com/2012/03/grande-pavots/

 
 

たんぽぽの綿毛によるインスタレーション

FI_08
スイス人アーティスト、Regine Ramseier氏による
たんぽぽの綿毛を2000本を用いたインスタレーション。

野原から摘んできた2000本のたんぽぽの綿毛を、軽い粘着性のスプレーで固めて吊るしたもの。
白い空間によく映えていますよね!

出典:http://www.thejealouscurator.com/

 
 

The Flower Garden Display’d, 2014

FI_09

FI_10

生花や果物などの自然物を使ったアートを手がけるアーティストで、ロンドンを中心に活動をしているレベッカ・ルイズ・ロウ氏の作品。

レベッカ氏は生花や果物などの自然物を使ったアートを手がけるアーティスト。彼女の作品は人間と自然の調和をテーマとしたものが数多く存在しています。

中でも天井にワイヤーを張り巡らせ、色とりどりの花を吊り下げたシリーズは圧巻です!

FI_15

出典:http://www.rebeccalouiselaw.com/

 
 

The Hated Flower, 2014

Fi_13

FI_14

出典:http://www.rebeccalouiselaw.com/

 
 

Maecenas Dinner byエルメス

FI_12
Fi_19
レベッカ氏は様々なブランドとのコラボも手がけています。
こちらはエルメスによって毎年開催されている”Maecenas Dinner”と呼ばれる会食の会場です。
空から舞い降りる紫陽花の色彩がとても幻想的ですね。

出典:http://nouba.com.au/

 
 

Floating Flower Garden – Flowers and I are of the same root, the Garden and I are one / Floating Flower Garden – 花と我と同根、庭と我と一体

FI_18
チームラボによる2300本以上の浮遊する花々に埋め尽くされた庭園。

鑑賞者が埋め尽くされている空間に近づくと、その近くの草花が一斉に上がっていき、鑑賞者の周りが半球状の空間が生まれるのです。複数の鑑賞者が近づくとドーム空間がつながり、一つの空間が新たに生まれます。

FI_17

花と一体となったこの空間を手がけた「チームラボ」は、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウエブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジー集団です。

出典:http://www.team-lab.net/

 
 

Iced Flowers

FI_22
花樹研究所「AMKK」を主宰するフラワーアーティスト「東信」氏による作品。花々を大きな氷で包み込み、その中で刻まれていく命の変化を鑑賞するイベント『Azuma Makoto Exhibition “ICED FLOWERS”』で発表したもの。

FI_21
FI_25
出典:http://www.lovegreen.jp.net/

AMKK(東信、花樹研究所)とは、フラワーアーティスト東信(あずま まこと)の花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団です。

AMKK(東信、花樹研究所)

 
 

同じくフラワーアーティストの東信氏による壮大な「EXOBIOTANICA」プロジェクト!

EXOBIOTANICA -BOTANICAL SPACE FLIGHT

FI_11

上空30,000m、摂氏マイナス50℃の過酷な”自然”の中で植物だちは地球外生命体(EXOBIOTA)へと進化する。プロジェクトテーマは、「大地に根を張り、重力の配下で生きる、地球上の植物たち。根と、土と、重力と。その、生命の繋がりを断つことで、生まれる 美 とは何か。」

樹齢50年の五葉松が上空30,000m、摂氏マイナス50℃の過酷な”自然”へと送られ、丸い地球に根を降ろし、地球の稜線へと「活け」られた作品。

FI_01
FI_16

檄風に煽られながら太陽へと向かう花束。

 

これらの作品ははヘリウムガス入りのバルーンにカメラと被写体を吊り下げて飛ばし、成層圏に達したところでバルーンは破裂し、落下してきたカメラを回収したもの。

出典:http://japanese.engadget.com/

AMKK(東信、花樹研究所)

 
 


合わせて読みたい!みんなが話題にしている記事

magazine 2015. 11. 16.

美しいパビリオン

最近はあちこちの広場や公園に面白い形をした遊具や パブリックアートなどがありますよね。 子供が遊べるものから空・・・

magazine 2015. 10. 19.

アート&デザイン・イベント

この秋開催される様々な展覧会やアートイベントをセレクトしてご紹介します。     ちひろ美・・・

magazine 2015. 10. 15.

Flower Installation

秋気が心地よくなってきましたね。 コスモスまつりや薔薇フェスティバルなど秋の花イベントがありますが、 今回は花・・・

magazine 2015. 10. 09.

鏡のアート

芸術の秋!ということで、これから幾つかテーマに沿った アートやデザインに関わる記事を更新して行きたいと思います・・・

magazine 2015. 09. 30.

詩的なデザイン

のどかな日差しや清しい高遠な青空。 空気感も心地よく一年で最もロマンチックな季節ですよね。 さて今回は見てるだ・・・

magazine 2015. 09. 09.

万華鏡の世界観

キラキラと美しい光の世界・万華鏡。 光と色彩が織りなす世界には誰もが一度は覗き込んだことがあると思います。 今・・・

magazine 2015. 09. 03.

ニコライ・バーグマンの展覧会『伝統花伝』

「ニコライ・バーグマン『伝統花伝』日本伝統工芸と革新的なフラワーアートの融合」が、東京・丸の内のシャングリ・ラ・・・

magazine 2015. 08. 26.

海外の手工芸 ー セネガルのバスケット織り ー

海外にも優れた伝統工芸はたくさんあります。 しかし発展途上国の多くでは経済的な問題等で廃れつつあるのが現状です・・・

magazine 2015. 08. 20.

新たなアイデア

モノにはそのもの特有の一般的なカタチがあります。 コップと聞いて平たいカタチは想像しないでしょう。 機能的に必・・・

magazine 2015. 07. 30.

和のモチーフ

提灯や扇子など、分かりやすく和をイメージさせるモノ。 その伝統的なイメージを残したままモダンなデザインで 表現・・・

Brand

wanomonoでお取り扱いしているブランド

chanto

chanto

我戸幹男商店

我戸幹男商店

fourruof

fourruof

能作

能作

吉沼硝子

吉沼硝子

廣田硝子

廣田硝子

ヨシタ工業デザイン室

ヨシタ工業デザイン室

iro

iro

SIWA | 紙和

SIWA | 紙和

Tsubame shinko

Tsubame shinko

244 porcelain

244 porcelain

AJI PROJECT

AJI PROJECT

1616 / arita japan

1616 / arita japan

小泉屋

小泉屋