wanomono

和のエッセンスを加えた豊かな暮らし

一度は体感してみたい新しい茶室


皆さん、茶室にどんなイメージをお持ちですか?
畳、竹、砂壁など、純和風な設えをイメージするのが一般的だと思います。

今回はデザイナーや建築家による様々な素材の使い方や新しい表現を試みた茶室をまとめてみました。

透明なガラスの茶室!?

吉岡徳仁_茶室
出典:http://www.pen-online.jp/

世界的に活躍されているデザイナー吉岡徳仁氏の作品「ガラスの茶室一光庵」。
光、人、自然をテーマとした展示会で只今京都で開催中です。ご興味のある方はこの機会に足を運んでみては?

吉岡徳仁_茶室
出典:http://www.pen-online.jp/

『吉岡徳仁 ガラスの茶室ー光庵』

4月9日(木)~2016年4月(開催期間未定)
将軍塚青龍殿(青蓮院境内)
京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28
開場時間:9時~17時(入場は閉館の30分前まで)
料金:一般¥500

*京都の重要文化財に指定されている天台宗青蓮院境内にある京都市街を見下ろす将軍塚青龍殿の広大な舞台の上に設置されています。

茶室ではないですが、吉岡氏のクリスタルガラスといえば、2010年に韓国ソウル市内で開催された「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」で発表された「虹の教会」も大反響でした。

吉岡徳仁_教会

吉岡徳仁_教会
出典:http://ism.excite.co.jp/

500本ものクリスタルプリズムを9mの高さにまで積み上げて作られたステンドグラスは、乱反射しあい、空間全体に虹色の光を放つというものです。
*その後日本の東京都現代美術館でも開催されました。

 

 

日本を代表するデザイナー内田繁氏の茶室

乱れ編みや四つ目編みの竹を用いたエレメントで構成された折りたたみ式の茶室です。

内田繁_茶室

内田繁_茶室

内田繁_茶室
出典:http://wabi.fr/

和紙の茶室

内田繁_茶室
出典:http://www.kousakusha.co.jp/

 

そして同じく日本を代表するデザイナーの一人、杉本貴志氏の

「水の茶室、鉄の茶室」

杉本貴志_茶室

杉本貴志_茶室
出典:http://www.tokyoartbeat.com/

鉄の茶室には廃材を利用していて、廃棄されてから経った時間を感じさせる古びた儚さを味わえる空間です。

そしてもう一つが「水の茶室」。上下に張られた無数のワイヤーをつたう水滴が壁としてのエレメントを構成して空間が形作られています。

杉本貴志_茶室
出典:http://www.tokyoartbeat.com/

 

 

ポリカーボネートで組み立てられた「織部の茶室」

海外でも活躍されている建築家・隈研吾氏の現代的な素材を用いた茶室。
不思議な浮遊感を感じさせる空間です。

隈研吾_茶室_oribe

隈研吾_茶室_oribe
出典:http://kkaa.co.jp/

 

「Tee Haus」

隈研吾_茶室_風船

隈研吾_茶室_風船

隈研吾_茶室_風船
出典:http://kkaa.co.jp/
米ゴア社の「テナラ」という素材で、膨らませて完成させる茶室。
フランクフルトで展示されたもので、見た目は茶室とは思えない斬新なデザインです(笑)

 

「FOUR SEASONS」

次に2006年フランス・パリで開催された見本市ムーブル・パリにおいて出展されたフランス人デザイナーグエナエル・ニコラ氏と旭化成ケミカルズによるインスタレーション。

グエナエル・ニコラ_茶室

出典:http://www.colorkinetics.co.jp/

グエナエル・ニコラ_茶室

出典:http://www.asahi-kasei.co.jp/

透明なアクリル板と面発光するステンドグラスの組み合わせによる幻想的な茶室です。

 

最後に、素材は和風なのですが、ぶっ飛んだ茶室!

空飛ぶ泥舟

藤森照信_茶室

藤森照信_茶室

藤森照信_茶室

出典:http://www.chinoshiminkan.jp/

宙に浮いちゃってます(笑)
これは建築家・藤森照信氏が自身の展覧会で、ワークショップ参加者と地元職人と藤森照信により制作されたものです。

いかがでしたか?新しい発想で考えられたデザインばかりで、色々な意味でいい刺激になったのではないでしょうか。


合わせて読みたい!みんなが話題にしている記事

magazine 2015. 11. 16.

美しいパビリオン

最近はあちこちの広場や公園に面白い形をした遊具や パブリックアートなどがありますよね。 子供が遊べるものから空・・・

magazine 2015. 10. 19.

アート&デザイン・イベント

この秋開催される様々な展覧会やアートイベントをセレクトしてご紹介します。     ちひろ美・・・

magazine 2015. 10. 15.

Flower Installation

秋気が心地よくなってきましたね。 コスモスまつりや薔薇フェスティバルなど秋の花イベントがありますが、 今回は花・・・

magazine 2015. 10. 09.

鏡のアート

芸術の秋!ということで、これから幾つかテーマに沿った アートやデザインに関わる記事を更新して行きたいと思います・・・

magazine 2015. 09. 30.

詩的なデザイン

のどかな日差しや清しい高遠な青空。 空気感も心地よく一年で最もロマンチックな季節ですよね。 さて今回は見てるだ・・・

magazine 2015. 09. 09.

万華鏡の世界観

キラキラと美しい光の世界・万華鏡。 光と色彩が織りなす世界には誰もが一度は覗き込んだことがあると思います。 今・・・

magazine 2015. 09. 03.

ニコライ・バーグマンの展覧会『伝統花伝』

「ニコライ・バーグマン『伝統花伝』日本伝統工芸と革新的なフラワーアートの融合」が、東京・丸の内のシャングリ・ラ・・・

magazine 2015. 08. 26.

海外の手工芸 ー セネガルのバスケット織り ー

海外にも優れた伝統工芸はたくさんあります。 しかし発展途上国の多くでは経済的な問題等で廃れつつあるのが現状です・・・

magazine 2015. 08. 20.

新たなアイデア

モノにはそのもの特有の一般的なカタチがあります。 コップと聞いて平たいカタチは想像しないでしょう。 機能的に必・・・

magazine 2015. 07. 30.

和のモチーフ

提灯や扇子など、分かりやすく和をイメージさせるモノ。 その伝統的なイメージを残したままモダンなデザインで 表現・・・

Brand

wanomonoでお取り扱いしているブランド

chanto

chanto

我戸幹男商店

我戸幹男商店

fourruof

fourruof

能作

能作

吉沼硝子

吉沼硝子

廣田硝子

廣田硝子

ヨシタ工業デザイン室

ヨシタ工業デザイン室

iro

iro

SIWA | 紙和

SIWA | 紙和

Tsubame shinko

Tsubame shinko

244 porcelain

244 porcelain

AJI PROJECT

AJI PROJECT

1616 / arita japan

1616 / arita japan

小泉屋

小泉屋